UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12531

タイトル: 33. A Long Wave around a Breakwater with Finite Thickness[1] : Case of Normal Incidence
その他のタイトル: 33.有限の厚さをもつ防波堤のまわりの長波[1] : 垂直入射の場合
著者: Momoi, Takao
著者(別言語): 桃井, 高夫
発行日: 1970年9月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第48冊第4号, 1970.9.30, pp. 613-635
抄録: In this paper, the effect of thickness of the breakwater is discussed, where the breakwater runs along a straight line with small aperture and the incident wave invades the breakwater normally. The analysis is based on the buffer domain method. The conspicuous feature disclosed are such that the theory for the breakwater of infinitesimal thickness can be employed for the elucidation of the wave behavior around the prevailing breakwaters of finite thickness in the actual harbours.|間隙をもった有限の厚さの防波堤に波が垂直に入射したとき,そのまわりにおこる長波が本報告において論じられている.明らかにされた著しい事実として,現実に在在する防波堤のまわりの長波を論ずるのに無限小の厚さの防波堤に対する理論が有効である.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12531
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0484005.pdf969.95 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください