UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12533

タイトル: 35.三重県松阪およびその周辺地域の地質構造
その他のタイトル: 35. Geologic Structure of the Matsuzaka Area and its Vicinity, Southwest Japan
著者: 恒石, 幸正
著者(別言語): Tsuneishi, Yukimasa
発行日: 1970年9月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第48冊第4号, 1970.9.30, pp. 645-667
抄録: Patterns of block faulting and characteristics of the faults which bound the blocks were studied in the Matsuzaka area and its vicinity, southwest Japan (Fig. 1). Basement rocks of the area are composed of gneiss and granite of Cretaceous age, and overlain by the Miocene Isshi group and the Plio-Pleistocene Ag6 and Kobiwako groups. The area has been disintegrated into blocks by numerous normal and reverse faults of different orientations (Fig. 2). Some of them are proved to be dip-slip faults as a result of stress analysis using minor conjugate faults (Fig. 6).
URI: http://hdl.handle.net/2261/12533
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0484007.pdf1.8 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください