UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12557

タイトル: 59. Regional Variation of the Passive Detectability of Earthquakes in the World
その他のタイトル: 59.世界の主な地震活動地区内の地震の被検知度について
著者: Santo, Tetsuo
著者(別言語): 三東, 哲夫
発行日: 1971年1月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第48冊第6号, 1971.1.30, pp. 1107-1119
抄録: Passive detectabilities of 28 seismic regions in the world were checked from the data reported by US Coast and Geodetic Survey during the period from January 1964 to December 1969. Two indexes were used to determine the passive detectability of each seismic region. One is the smallest value of the CGS magnitude m down to which events are detected without omission. Another one is the percentage of the passive detectability of the events with a certain magnitude, m=4.5 in the present case. The distribution of stations which well contribute to USCGS for determining the foci in every seismic region was also checked. They were found to be located in nonseismic areas or in mountainous regions. Special combinations of seismic regions and the observational stations between which P and/or PKP well propagate were also mentioned.|世界中から28の地震活動区をえらび,それぞれの地区内でおこる地震がUSCGSでどのていどに検知されているかを2つの量で調べた.その1つは,各地区内での地震がほとんど1つ残らず検知されていると思われる最小のm(CGSマグニチュード)の値mcと,もう1つは,m=4.5の地震がその地区で予想される発生総数の何%実際に検知されているか,その割合である.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12557
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0486006.pdf722.71 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください