UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
10 総合教育科学専攻 >
東京大学大学院教育学研究科教育行政学研究室紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/1257

タイトル: 教員給与決定・運用のメカニズムの研究(一) : 教員給与決定・運用の法制度とその構造(<小特集>教員給与の政策と制度改革に関する比較研究-日本,アメリカ,イギリス-)
その他のタイトル: A study of the process, the legal structures and their correlation in making; decisions of Teachers' saralv in Japan.(Corporate Study : "The comparative study on the policy and system reform of the teacher compensation -Japan, Ameridca, England-")
著者: 藤原, 文雄
坂田, 仰
著者(別言語): Fujiwara, Fumio
Sakata, Takashi
発行日: 1997年3月
出版者: 東京大学大学院教育学研究教育行政学研究室
掲載誌情報: 東京大学大学院教育学研究科教育行政学研究室紀要. 16号, 1997.3, p.13-29
抄録: This paper is a part of the investigations aiming to grasp the process, the legal structures and their correlation in making decisions of Teachers' saraly in Japan. Nowadays, Teachers' saraly, especially that of elementary and secondary schools is one of the central interests in Japan in several points. : its level, its distributions, and the way of sharing its cost between State and local governments in the financial crisis. In Japan, the legal framework for making decisions of Teachers' saraly is by far more complicated than that of other local public service employees. For instance, Teachers' saraly in public elementary and junior high schools is paid by both State and local governments for the purpose of securing the national standard of the educational conditions. Therefore, this paper attempts to grasp exactly the legal structures of making decisions of Teachers' saraly in Japan.
URI: http://hdl.handle.net/2261/1257
ISSN: 13421980
出現カテゴリ:東京大学大学院教育学研究科教育行政学研究室紀要
東京大学大学院教育学研究科教育行政学研究室紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00002495333.pdf2.08 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください