UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12574

タイトル: 1. Multi-Mode Love Waves Excited by Shallow and Deep Earthquakes
その他のタイトル: 1.マントル地震によるラブ波の励起問題
著者: Fukao, Yoshio
Abe, Katsuyuki
著者(別言語): 深尾, 良夫
阿部, 勝征
発行日: 1971年9月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第49冊第1/3号, 1971.9.30, pp. 1-12
抄録: By a concept of normal mode theory, the realistic seismograms of Love waves are synthesized for the CIT11A spherical earth model. The synthetic seismograms, which include the effects of instrumental response and attenuation, are computed for fundamental and higher modes up to the third order. The source is assumed to be a double couple of body forces varying stepwise in time applied to a point. Calculations are made for various focal depths ranging from 30 to 530km. It is demonstrated that a strike-slip source excites Love waves by an order of magnitude larger in amplitude than a dip-slip source, and that the higher mode contribution relative to that of the fundamental mode is significantly large for a dip-slip source at any depth. The synthesized seismograms thus obtained facilitate the determination of various source parameters. The results are applied to an intermediate-depth earthquake in Eastern New Guinea on February 26, 1963 (d=182km). The seismic moment is estimated as 2.5×1027 dyne・cm.|現実的な地球モデルと震源モデルをもちいてラブ波の合成地震記象を作り,excitationに関する基本的な性質を調べ,実際の地震に応用してその有用性を確かめた.球状地球モデルとしては,CIT11Aを採用した.断層モデルと等価な震源モデルとして,点震源に時間関数がステップ状に変化する力より構成される復双力源を考えた.合成地震記象は基本および1次から3次までの高次の基準振動のモード解を周期約7秒から600秒の範囲で加えあわせることにより作られた.伝播媒質の減衰および地震計の特性を考慮することにより記象を現実的なものとした.震源の深さとしては30kmより530kmまでの範囲にわたつて選んだ.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12574
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0491001.pdf747.81 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください