UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12581

タイトル: 8.関東地方南部における微小地震臨時観測
その他のタイトル: 8. Temporary Observation of Micro-earthquakes in the Southern Part of the Kanto District
著者: 石橋, 克彦
津村, 建四朗
著者(別言語): Ishibashi, Katsuhiko
Tsumura, Kenshiro
発行日: 1971年9月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第49冊第1/3号, 1971.9.30, pp. 96-113
抄録: In March 1970, for about a ten-day period, observations of micro-earthquakes were carried out at two temporary stations, TKE (Takeyama) and KYN (Kyonan), which were simultaneously set up in the Miura-Boso region, the southern part of the Kanto district, where a remarkable crustal movement was detected in 1969. The location of the stations and the observation period are shown in Fig. 1 and Table 1.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12581
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0491008.pdf1.46 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください