UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12583

タイトル: 10.日本各地における津波の到達時間と津波伝播図
その他のタイトル: 10. Travel Times of Tsunamis and Refraction Diagrams at the Pacific Coast of Japan
著者: 羽鳥, 徳太郎
小山, 盛雄
著者(別言語): Hatori, Tokutaro
Koyama, Morio
発行日: 1971年9月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第49冊第1/3号, 1971.9.30, pp. 127-142
抄録: For the tsunamis which were generated off the Pacific coast of Japan during the last 76 years (1894-1969), the tsunami travel times observed at 12 tide stations are listed in Table 1. Features of the frequency distribution of travel time for NE Japan are different from those for SW Japan, because of the difference of the geographic characteristics of the tsunami source (Fig. 1). In the former region, a large frequency is found in the range of 30~40min, in contrast to 10~20m in the latter region. Starting from 19 tide stations indicated in Fig. 2, the inverse refraction diagrams of long waves are drawn on bathymetric charts (Figs. 3-12). Wave fronts are shown at 2min intervals. The uncertainty of the diagrams may be within ±2min for most of the regions considered.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12583
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0491010.pdf889.14 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください