UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12620

タイトル: Development of the Portable Easy-Operation Long-Period Seismometer. : Part 2 : Peripheral Device.
その他のタイトル: 小型可搬長周期地震計の開発 : その2. 周辺装置
著者: 松本, 英照
高橋, 道夫
著者(別言語): Matumoto, Hideteru
Takahashi, Michio
発行日: 1977年11月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第52冊第1号, 1977.11.30, pp. 11-27
抄録: In order to advance the stability of PELS (Portable Easy-Operation Long-Period Seismometer) in temporary or unattended operation, an application of feedback has been devised. Owing to the design, to minimize the number of electronic elements and power consumption, the circuit board can be set in the container of PELS and the power for the circuit can be provided commonly by the small DC power source prepared for the active parts of PELS. The details of the design and the effect of the device on the original frequency characteristics are discussed analytically and experimentally. By the use of PELS with this device, high magnification long-period observation can be carried out at any station without being disturbed by long-term drift due to the thermal effects or tilt effects.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12620
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0521002.pdf935.63 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください