UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
10 総合教育科学専攻 >
東京大学大学院教育学研究科教育行政学研究室紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/1271

タイトル: 体罰が発生する「構造」とその個別性 : 判例研究の方法論に関する一つの新たな試み(<小特集>学校改善と学校の個別性に関する研究)
その他のタイトル: A case by case study of the Structures which follow corporal punishment in school and consideration of their individualities (<Middle report> The study concerning relatioship between school improvement and school individuality)
著者: 平田, 淳
岡田, 賢宏
著者(別言語): Hirata, Jun
Okada, Takahiro
発行日: 1998年3月28日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科教育行政学研究室
掲載誌情報: 東京大学大学院教育学研究科教育行政学研究室紀要. 17号, 1998.3, p.29-49
抄録: This thesis aims to clarify the structures that corporal punishments happened, extract various factors from the structues and reveal their correlations and interactions through precedent study. As a result, we aim to suggest some recommendations to sweep away corporal punishment for school improvement.
URI: http://hdl.handle.net/2261/1271
ISSN: 13421980
出現カテゴリ:東京大学大学院教育学研究科教育行政学研究室紀要
東京大学大学院教育学研究科教育行政学研究室紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000205528.pdf2.11 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください