UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12718

タイトル: Estimation of Heat Flow in Certain Exploration Wells in Offshore Areas of Malaysia
その他のタイトル: マレーシア沖試掘孔による地殻熱流量の推定
著者: Matsubayashi, Osamu
Uyeda, Seiya
著者(別言語): 松林, 修
上田, 誠也
発行日: 1979年11月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第54冊第1号, 1979.11.30, pp. 31-44
抄録: As a part of studies on the thermal state of the crust under shallow seas where heat flow data is rare, we estimated the heat flow in the offshore areas of Malaysia, based on the existing thermal gradient data and newly measured thermal conductivity of 152 core samples from exploration wells. The results show that the regional heat flow is anomalously high in the Malay Basin which is located on a now stable continental shelf. In contrast, the heat flow off the shore of Saban is subnormal to normal.
浅海底下の地殻熱流量測定計画の一環として,マレーシア沿海の石油会社による探査孔のコア試料の熱伝導率測定を行い既に公表済の地温勾配データを用いて熱流量を求めた.得られた熱流量値は,マレー堆積盆では現在安定な地域であるにもかかわらず異常に高く,サバの沖では普通又はやや低い値にある.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12718
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0541002.pdf713.59 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください