UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12736

タイトル: Some Magnetic Anomalies Accompanied with Topographic Irregularities of Subducting Plate and Their Tectonic Implications
その他のタイトル: 沈みこむプレート上の地形的凹凸に伴う地磁気異常とそのテクトニックな意味
著者: Kodama, Kazuto
Matsubayashi, Osamu
著者(別言語): 小玉, 一人
松林, 修
発行日: 1980年3月31日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第54冊第3号, 1980.3.31, pp. 463-476
抄録: From the detailed aeromagnetic survey data and seismicity data on the area around the Japan arc, it was found that several magnetic anomalies with relatively short wave-lengths are accompanied with high seismic activity. Based on the results of model analysis, geological data and crustal structures inferred from seismic studies, we propose a possible interpretation that irregularities on the underthrusting plate such as seamounts or local bathymetric highs cause the magnetic anomalies, earthquakes and certain other surface geological features.
日本列島周辺の詳細な空中磁気探査及び地震活動データから,比較的短波長の地磁気異常のいくつかが,高い地震活動を伴うことが判明した.モデル解析,地質学的データ及び地震学的に推定される地殻構造などに基づき,海山や局地的な隆起地形のような,沈みこむプレート上の凹凸が,地磁気異常,地震,表層地質の特徴などの原因をなすという解釈を提唱する.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12736
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0543003.pdf822.99 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください