UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12740

タイトル: 自己浮上式海底地震系(ERI型P-79)
その他のタイトル: Pop-up OBS (ERI type P-79)
著者: 笠原, 順三
是沢, 定之
南雲, 昭三郎
大工, 原保
原, 智美
安藤, 誠一
著者(別言語): Kasahara, Junzo
Koresawa, Sadayuki
Nagumo, Shozaburo
Daikuhara, Tamotsu
Hara, Tomomi
Ando, Seichi
発行日: 1980年3月31日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第54冊第3号, 1980.3.31, pp. 515-530
抄録: A new type of pop-up OBS (P-79) was developed. The P-79 has the following features: the newly developed release system; use of new sensors (2 Hz vertical and horizontal geophones and one hydrophone); a new gimbal for geophones; the use of glass sphere pressure case; a low wow-flatter recorder deck; and easy handling. The main causes of OBS noise might be the motor of the recorder and the Karman vortex due to bottom current. Motor noise was reduced by the use of a foam rubber insulator. The dominant noise frequency due to the Karman vortex was discussed. A 50 cm/sec bottom current may produce a 16 Hz Karman noise around the antenna of a radio transmitter with 0.6 cm in antenna diameter. The new release system utilizes an electrical corrosion of stainless-steel wire. Dual timers in separate pressure cases feed one release mechanism. Pop-up tests were successfully done at sea.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12740
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0543007.pdf1.24 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください