UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12744

タイトル: やや長周期帯域における強地震の特性 : 長周期低倍率地震計記録の解析
その他のタイトル: Characteristics of Strong Earthquake Ground Motion in the Period Range from 1 to 15 Seconds : Analysis of the Low-magnifieation Seismograph Records
著者: 田中, 貞二
吉沢, 静代
大沢, 胖
著者(別言語): Tanaka, Teiji
Yoshizawa, Shizuyo
Osawa, Yutaka
発行日: 1980年3月31日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第54冊第3号, 1980.3.31, pp. 629-655
抄録: It is of prime importance to clarify the characteristics of strong earthquake ground motion in the period range from 1 to 10 or more seconds, to improve the method of earthquake resistant design for high-rise buildings and other long-period structures. For this purpose, displacement records of the low-magnification seismographs (natural period=6-100 sec, magnification=1-2) at Tokyo resulting from 29 earthquakes have been investigated by means of various spectrum analysis techniques. The range of magnitude (M), focal depth (H) and epicentral distance (Δ) of the earthquakes are 6.0-7.9, 0-70km, and 14-690 km, respectively.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12744
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0543011.pdf1.61 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください