UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12746

タイトル: Report of Heat Flow Measurements in Boivia
その他のタイトル: ボリビアにおける地殻熱流量測定結果
著者: Watanabe, Teruhiko
Uyeda, Seiya
A. Guzman Roa, Jaime
Cabre, Ramon
Kuronuma, Hiroji
著者(別言語): 渡部, 暉彦
上田, 誠也
黒沼, 広治
発行日: 1980年8月25日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第55冊第1号, 1980.8.25, pp. 43-54
抄録: Results of terrestrial heat flow measurements in Bolivia, conducted in 1969, are reported. Nine different sites (all metal mines) were visited for underground temperature measurement. However, data from only five sites was usable. The geothermal gradient data from one oil field was referenced. The sites investigated were mostly in the area of the Altiplano and the western Cordillera Oriental. Heat flow in this area is found to be generally high: The average of the five values is 3.21+1.03HFU (135±43mWm-2).
1969年,日米科学協力事業の一環として実施されたボリビアにおける地殻熱流量測定結果は,この国の西部(特にアルテイプラーノ地域)において高熱流量を示した.5ヶの測定値の平均は3.21±1.03HPUであった.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12746
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0551003.pdf586.46 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください