UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12747

タイトル: Report of Heat Flow Measurements in Peru and Ecuador
その他のタイトル: ペルー,エクアドールにおける地殻熱流量測定結果
著者: Uyeda, Seiya
Watanabe, Teruhiko
Ozasayama, Yoji
Ibaragi, K.
著者(別言語): 上田, 誠也
渡部, 暉彦
小笹山, 洋治
茨木, 謙三
発行日: 1980年8月25日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第55冊第1号, 1980.8.25, pp. 55-74
抄録: Results of terrestrial heat flow measurements in Peru and Ecuador conducted in 1969, are reported. Eight different sites in Peru and one site in Ecuador were visited for underground temperature measurement. However, data from only five metal mines in Peru and the metal exploration site in Ecuador were usable. The geothermal gradient data on four oil fields in Peru and two in Ecuador were referenced. Although high heat flow has been indicated on the continent side of the Andes (the Gasapalca and the Guajone mines and the Ucayali oil field), low geothermal gradients were also found in mines in high Andes (the Raura and Cerro Verde mines). The latter are suspected to be the result of ground water circulation. The highly disturbed cases of the Morococha and San Vicente mines showed almost zero gradient. Much more work is needed to delineate the regional heat flow pattern of the area.
1969年,日米科学協力事業の一環として,地殻熱流量測定を実施した.この結果,ペルー国内に5点,エクアードル国内に1点の熱流量値が得られた他,油田地帯の温度検層データを用いて,ペルー国内に4点,エクアドール国内に2点の地中温度勾配が求められた.アンデス山系中およびその内陸部においては,明瞭に高熱流量を示す点が分布すると同時に,低熱流量点も多く分布し複雑な様相を呈している.測定値への各種温度擾乱の影響も無視出来ない場合が多く,今後の調査を必要とするところが大きい.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12747
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0551004.pdf977.11 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください