UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12749

タイトル: A Tectonic Stress Trajectory Map of Alaska Using Information from Volcanoes and Faults
その他のタイトル: 火山と断層の情報から作ったアラスカのテクトニック主応力線図
著者: Nakamura, Kazuaki
Plafker, George
Jacob, K. H.
Davies, J. N.
著者(別言語): 中村, 一明|
発行日: 1980年8月25日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第55冊第1号, 1980.8.25, pp. 89-100
抄録: A preliminary tectonic stress trajectory map for the Alaska region is compiled from 44 directions of maximum horizontal compression obtained from published data about post-Miocene volcanoes and late Quaternary faults. The pattern of the trajectory lines gives an averaged picture of the tectonic stress field during the late Quaternary. The pattern correlates with relative motion between the Pacific and North America plates, as judged by parallelism between the trajectory lines and direction of convergence of the two plates. Within a zone several hundred kilometers wide along the plate boundary, the mapped trajectories coincide with P-axes (i.e. direction of maximum principal stress, σ1) in a three-dimensional stress system. In the eastern Bering sea and interior Alaska, P-axes appear to be vertical and the mapped trajectories probably represent the B or axes of intermediate stress (σ2). Thus, the compressive stress in the arc area is replaced in the back-arc region by tensional stresses which are probably caused by a large-scale, deep-seated stress source. Despite this tensional stress field in the back-arc region no coherent spreading is observed there behind the Alaska Aleutian arc system. It is suggested that back-arc regions are potentially extensional but that the formation of back-arc basins depends on a mechanism other than subduction near the trench so that the space of an extending back-arc region is appropriately filled.
中新世以新の火山と第四紀後期の断層の資料から求められた44ヶのσHmax方位に基づいて,アラスカ地域のテクトニック主応力線図を画いた.この主応力線図のパタンは第四紀後期のテクトニック応力場の平均的な像を与える.太平洋プレートとの境界付近のパタンはσ1軌跡を与えプレート相対運動に起因すると考えられる.したがって最近数百万年間のパタンをもあらわすとみられる.ベーリング海およびアラスカ大陸内部ではσHmaxはσ2でσvがσ1とみられる.それ故,プレート境界部の圧縮応力場は数百km以内で,別の原因をもつ引張り応力場にかわっている.この引張り応力場地域は最近地質時代に縁海を生ずるような拡大を行っていない.他の弧地域の例を考慮すると,サブダクションに常に伴って背後に引張り応力場が生じ,何か別の原因でこの応力場がより活動的になると縁海を生ずるような拡大が起こる,という可能性が示唆される.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12749
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0551006.pdf832.06 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください