UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12752

タイトル: 宇佐美臨時観測点における傾斜観測
その他のタイトル: Continuous Observation of Crustal Tilt at Usami, the Northern Part of Izu Peninsula
著者: 柳沢, 道夫
著者(別言語): Yanagisawa, Michio
発行日: 1980年8月25日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第55冊第1号, 1980.8.25, pp. 183-198
抄録: The purpose of the present observations is to clarify the crustal tilt in the northern part of Izu peninsula. Measurement of crustal tilt at the Usami observation site has been carried out by using two sets of TEM-tiltmeters since July 1979. There is a small fault across the observation vault, and the tiltmeters are established on both the sides of the fault. Interesting observational results of tilting motion by rainfall are obtained. The tilting motions are characterized by long-term variations overlapped by short period saw-tooth type variations. It seems that this saw-tooth type tilting motion is very similar to "stick-slip" generated by rock fractures and to the displacement pattern of the coseismic crustal deformation.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12752
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0551009.pdf1.27 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください