UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12759

タイトル: Observations of Seiche-Related Tilt in the Aburatsubo Observatory
その他のタイトル: 油壺観測所におけるセイシュに関連した傾斜の観測
著者: Yanagisawa, Michio
著者(別言語): 柳沢, 道夫
発行日: 1980年11月15日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第55冊第2号, 1980.11.15, pp. 331-345
抄録: It is known that the seiche in Aburatsubo Bay has the periods 13 to 16 min. In order to confirm the seiche theoretically, the author applies a Y-shaped topographical model to Aburatsubo and Moroiso Bays. As a result, it is shown that the free oscillation of sea-surface has the periods of 13.5, 7.6 and 5.1 min, which correspond to the fundamental, the second and the third harmonic waves, respectively. However, the second and higher waves cannot be detected by observation, probably because the node of the second harmonic is located near the tiltmeter station. The sea-surface behavior of Koajiro Bay seems ineffective on the seiche in Aburatsubo Bay. The effect of the seiche on ground tilt has been observed by four sets of TEM tiltmeters and a pressure-type tide-gauge during the period February to May, 1979. The ratio of tilt and seiche amplitude is empirically determined as a function of the distance from the coast line on the basis of the results of observations. The ratio is greater than what we expected from the theory by the factor of 1.2~1.3, but the direction of maximum tilt is in agreement at each observation site.
油壷湾におけるセイシュの固有振動周期は,かなり以前より13~16分であることが知られていた。このセイシュの様相を理論的に求めるためにY字形の一次元モデルを,油壷と諸磯の両湾に適用して計算を行なった。その結果,海水表面の自由振動は,基本波・第2高調波・第3高調波の順に13.5,7.6,5.1分であった。油壷検潮所(国土地理院)のGSI形検潮儀の記録より求めたものは13.5と15.5分の2つのピークをもった基本波成分のみで,高次の成分は明瞭ではなかった。セイシュに関連した傾斜観測は,油壷観測所の観測坑内の4点において,TEM傾斜計を用いて行なった。先のGSI形検潮儀と同時に観測した傾斜観測データの周波数特性は,セイシュの分析結果に極めてよく一致している。次に,観測坑入口近くの海中に圧力型センサを投入してセイシュを観測し,このセイシュに関連した傾斜を同時に観測した。そして,セイシュとセイシュに関連した傾斜が,海岸線からの距離によって減衰することをたしかめた。またこの距離に関係したセイシュによる傾斜を理論的に計算して求める試みも行なった。それによると振幅の比は20~30%の差があったが,その最大傾斜の方向はかなりよい一致が得られた。
URI: http://hdl.handle.net/2261/12759
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0552002.pdf762.86 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください