UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12764

タイトル: 活褶曲から推定される造構応力と地殻の粘性について
その他のタイトル: Tectonic Stress and Viscosity Coefficient of the Earth's Crust as inferred from Crustal Movements related with Active Folds
著者: 溝上, 恵
著者(別言語): Mizoue, Megumi
発行日: 1980年11月15日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第55冊第2号, 1980.11.15, pp. 483-504
抄録: It has been pointed out from geological and geomorphological evidences that the time rate of undulatory crustal movement shows a remarkable dependence on its wavelength. Specific studies on the problem were made by MATSUDA (1960, 1961, 1964), KAIZUKA (1967, 1968) and OTA (1968, 1969). KAIZUKA compared the rate of folding in the Quaternary with the mode of undulatory crustal movements in the present. He indicated such regularities of folding as the smaller the wavelength, the greater the rate of folding and the rate of present folding is in the same order with that of the Quaternary folding.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12764
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0552007.pdf1.52 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください