UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12772

タイトル: Geothermal Survey in and around O-ana Crater and Jodo-daira Flat, the Volcanoes Azuma
その他のタイトル: 吾妻火山大穴火口・浄土平周辺の熱的調査
著者: Kagiyama, Tsunemi
Hagiwara, Michinori
著者(別言語): 鍵山, 恒臣
萩原, 道徳
発行日: 1981年3月7日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第55冊第3号, 1981.3.7, pp. 681-703
抄録: The results of the present survey are summarized as follows. 1) Surface temperature distribution and ground temperature distribution at 1 m depth were obtained. The existence of a zone of thermal anomalies in the area from O-ana crater to Tsubakuro-sawa was clarified. 2) Thermal energy release rate from O-ana crater and from Tsubakuro-sawa were estimated to be 6.1 × 106 watt and 1.1 × 106 watt, respectively. Heat discharge rate of Mount Issaikyo was evaluated at 7.2 × 106 watt in October, 1979. This amount is one order small in magnitude compared with the volcanoes Kuju or Kirishima, which have remarkable geothermal activities. 3) After VOLCANOL. CENTER (1979), the volcanoes Azuma remained active after the eruption of December 1977, however, since 1979, its activity has decreased. It is considered that the present result represents the thermal state of the volcano Azuma-issaikyo at the lower level of its activity.
1979年10月に吾妻火山大穴火口・浄土平周辺において各種熱的測定を行なった.調査は赤外放射温度計による地表面温度測定,サーミスター温度計による1m深地中温度測定,噴気の連続写真撮影,および目視調査からなり,これらの測定から,地熱活動の分布と熱エネルギー放出率とを把握する事を目的とした.結果は以下の通りである.1)燕黒沢から大穴火口に至る一帯に地熱活動域がおり,それ以外の部分には熱的異常は見られなかった.2)同地域からの熱エネルギー放出率は,1979年10月の段階では,7.2×106wattであった.この値は,地熱地帯を持つ火山,たとえば霧島火山や九重火山と比較すると,一桁小さいレベルである.3)吾妻火山は1977年12月の小噴火以降も活発な活動を続けていたが,1979年には,その活動も小さくなり,今回の調査時には,平常の状態であったと言われる.したがって,本報告の結果は,吾妻火山の活動が低いレベルにある時の状況を表わしていると言えよう.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12772
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0553006.pdf1.4 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください