UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
10 総合教育科学専攻 >
東京大学大学院教育学研究科教育行政学研究室紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/1278

タイトル: <個人論文>アメリカ教育行政学におけるエバーズ・ラコムスキの整合主義的認識論
その他のタイトル: <Individual Paper>Coherentists' approach to educational administration in America
著者: 大津, 尚志
著者(別言語): Otsu, Takashi
発行日: 1999年3月27日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科教育行政学研究室
掲載誌情報: 東京大学大学院教育学研究科教育行政学研究室紀要. 18号, 1999.3, p.73-78
抄録: Much of the devate over educational administrative theory has been made by philosophical considerations. From the rise of Theory Movement in early 1950's, logical empiricism dominated the scene in educational administration for long. But many critics argue that logical empiricists theory of knowledge is too narrow to be usefully applied to any systematic account of educational administration. C. Evers and G. Lakomski think educational administration is best served by a post-positivist theory of science that is broad enough to incorporate considerations of ethics and human subejectivity. Such a theory should be justified by a coherentist epistemology which they see as a major alternative to the foundational epistemological assumptions shared by positivism.
URI: http://hdl.handle.net/2261/1278
ISSN: 13421980
出現カテゴリ:東京大学大学院教育学研究科教育行政学研究室紀要
東京大学大学院教育学研究科教育行政学研究室紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000205543.pdf587.59 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください