UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12786

タイトル: 1980年伊豆半島東方沖地震による津波
その他のタイトル: An Investigation of Tsunami Generated by the Izu-Hanto-Toho-Oki Earthquake of 1980
著者: 羽島, 徳太郎
著者(別言語): Hatori, Tokutaro
発行日: 1981年3月31日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第55冊第4号, 1981.3.31, pp. 1073-1081
抄録: Very small tsunami was generated by the main shock (M=6.7) in an earthquake swarm off Ito, the east side of Izu Peninsula, on June 29, 1980. The maximum double amplitude of 56 cm for a period of 3.5 min was observed at Okada, Izu-Oshima Island, while those at other tide stations in Sagami Bay were about 10 cm. Tsunami magnitude of the Imamura-Iida scale is m= -1.5. The source area of tsunami inferred from the inverse refraction diagrams agrees well with the earthquake swarm. The source area extends 17 km in the N20°W direction. Judging from the initial motion of tsunami on the records, an uplift of several centimeters may have occurred at the sea-bottom of the source area. The present tsunami had both a small wave-height and source dimension, just like other Izu tsunamis in 1974 and 1978.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12786
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0554009.pdf430.95 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください