UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12794

タイトル: Seismicity of the Izu Peninsula and Its Vicinity from 1901 through 1980 with Some Remarks on the Characteristics of Foreshock Activities
その他のタイトル: 伊豆半島とその周辺の地震活動(1901年~1980年)と前震の性質について
著者: Utsu, Tokuji
著者(別言語): 宇津, 徳治
発行日: 1981年8月31日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第56冊第1号, 1981.8.31, pp. 25-41
抄録: Spatial and temporal features of the seismicity of the Izu area, central Japan for the past 80 years have been studied on the basis of a newly prepared catalog of shallow earthquakes of M≧5.4. This area is characterized by relatively frequent occurrence of foreshock sequences and earthquake swarms. A peculiarity of the seismicity is the occurrence of swarm-like sequences with exceedingly large main shocks. This type of sequence cannot be classified among the three types proposed by Mogi in 1963 and is called here an "earthquake sequence of type 4". The shallow earthquakes are divided into four classes according to the values of M-MI, where M is the magnitude determined from the maximum amplitudes recorded by medium-period seismographs used in the JMA network and MI is the magnitude determined from the size of the area in which it is felt. Such a classification seems to be useful in the discrimination of foreshocks from earthquake swarms.
最近80年間における伊豆半島とその周辺地域の浅い地震の活動状況を調べた.震源要素は,1901~25年については筆者による再調査,1926~80年については気象庁地震月報による.この地域では,前震も群発地震も比較的多いが,とくに1930年北伊豆地震とその前後の活動のように,活動の様式は群発地震的であるが,一つだけ極立って大きい本震を含むようなタイプ(type 4)がみられる.Mと最大有感距離の関係によって,地震を普通の地震と低周波地震(Mの割に有感域が狭い地震)に分けると,一連の活動が群発地震か前震(type 4の本震の前の地震を含む)かを判断する参考になりそうである.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12794
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0561002.pdf910.38 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください