UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12800

タイトル: 伊豆半島東方沖の群発地震の観測による相模湾,伊豆半島および駿河湾地域の地殻上部構造の推定
その他のタイトル: The Structure of the Upper Part of the Crust in the Regions of Sagami Bay, the Izu Peninsula and Suruga Bay as Found by the Observation of the Earthquake Swarm East off the Izu Peninsula in 1980
著者: 溝上, 恵
中村, 功
千葉, 平八郎
吉田, 満
萩原, 弘子
横田, 崇
著者(別言語): Mizoue, Megumi
Nakamura, Isao
Chiba, Heihachiro
Yoshida, Mitsuru
Hagiwara, Hiroko
Yokota, akashi
発行日: 1981年8月31日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第56冊第1号, 1981.8.31, pp. 139-160
抄録: The travel time data of the earthquake swarm east off the Izu Peninsula in 1980 in the local distance range less than 87 km is available for the study of the upper crustal structure in the regions of Sagami Bay, the Izu Peninsula and Suruga Bay. The epicentral area of the swarm is located at a distance of 50-60 km from TAY (Takeyama) in the Miura Peninsula, Kanagawa Prefecture and 75-87 km from OKY (Okuyama), southwestern Yamanishi Prefecture. Due to the very shallow focal depths of 5-12 km of the earthquake swarm, seismic waves from the focus arrived at TAY and OKY propagating through the upper part of the crust beneath Sagami Bay and Suruga Bay, respectively.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12800
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0561008.pdf1.59 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください