UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12801

タイトル: マイクロプロセッサーを使用したエアガン発音時刻収集システム
その他のタイトル: Acquisition System of Airgun Firing Data using Microprocessors
著者: 斉藤, 誠
笠原, 順三
著者(別言語): Saitoh, Makoto
Kasahara, Junzo
発行日: 1981年8月31日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第56冊第1号, 1981.8.31, pp. 161-194
抄録: A very efficient, very precise, economical and compact Airgun Shotmark Recording System (ASR-80R) was developed. The purpose of ASR-80R system is to gain origin times of airgun or explosion for seismic reflection/refraction study using an ocean bottom seismometer. The system using a microprocessor can save approximately 340 of airgun firing time within ±2 miliseconds precision. The maximum recording time is 3 hours for 30 seconds airgun firing interval time by digital form. On shipboard, the firing times are stored in IC memory, and then these are loaded on an audio cassette tape by 1,200 Baud-rate. The loading time is very short: approximately 30 seconds. The data obtained on shipboard using the above system are transferred from IC memory of the ASR-80R to mini-floppy disk in the IDS-8000Z microcomputer system at a land-based laboratory.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12801
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0561009.pdf1.54 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください