UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12809

タイトル: A Paleomagnetic Reconnaissance of the Bonin Islands
その他のタイトル: 小笠原諸島の古地磁気学的予察
著者: Kodama, Kazuto
著者(別言語): 小玉, 一人
発行日: 1981年9月30日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第56冊第2号, 1981.9.30, pp. 347-365
抄録: A paleomagnetic study has been carried out on the volcanic rocks of the Bonin Islands (27°N, 142°E). A total of 15 sites were visited for sampling; eight sites on Chichi-jima, four on Haha-jima, two on Muko-jima and one on Yome-jima. The directions of natural remanent magnetization of the samples after alternating field demagnetization not only deflect considerably from the present geomagnetic field but they clearly show that Chichi-jima differs from the other islands. That is, the mean direction for the eight sites on Chichi-jima is I=15°, D=90°, α95=27°, while that on the other islands is I=3°, D=207, α95=18°. The offset declinations and shallow inclinations may be explained tectonically by a clockwise rotation and northward drift of the islands since Early Tertiary, although the anomalous geomagnetic behaviors in a transient stage can be an alternative interpretation at the present stage of investigation.
小笠原諸島(北緯27度,東経142度)の火山岩に関する古地磁気学的研究を行なった.総計15ケ所(父島8ケ所,母島4ケ所,婿島2ケ所,嫁島1ケ所)から岩石試料を採取した.それらの残留磁化の方向は,現在の地球磁場の方向から著しくずれるばかりでなく,父島とその他の島々の間でも大きな相違のあることが分った.すなわち,父島の8ケ所の平均残留磁化方向が,伏角15度,偏角90度,誤差半径(95%信頼度)27度であるのに対し,その他の島々の平均は伏角3度,偏角207度,誤差半径18度である.このようにずれた偏角と浅い伏角は,現段階では一時的な地球磁場の異常でも説明できるが,小笠原諸島の第三紀早期以来の時計回りの回転と北方への移動という構造運動によって説明することもできる.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12809
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0562003.pdf931.79 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください