UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12819

タイトル: 小田原傾斜観測井周辺の水準測量
その他のタイトル: Leveling Surveys around the Odawara Tiltmeter Borehole
著者: 井筒屋, 貞勝
著者(別言語): Izutuya, Sadakatu
発行日: 1982年1月8日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第56冊第3号, 1982.1.8, pp. 587-593
抄録: The Odawara tiltmeter borehole is located near the Kozu-Matsuda fault, which is the northwestern extension of the Sagami trough. In order to check the tiltmeter data, short-range leveling surveys have been conducted once a year since 1977. The tiltmetry resulted in A N 60°E tilting of about 1 second of arc during 1977-1978, while the leveling resulted in A N 50°E tilting of 0.7 second of arc during the same period.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12819
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0563008.pdf350.77 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください