UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
10 総合教育科学専攻 >
東京大学大学院教育学研究科教育行政学研究室紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/1283

タイトル: 指導要録の開示問題について : 最高裁判所への意見書
その他のタイトル: On the Problem of Access to Cumulative record of education
著者: 浦野, 東洋一
著者(別言語): Urano, Toyokazu
発行日: 2000年3月31日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科教育行政学研究室
掲載誌情報: 東京大学大学院教育学研究科教育行政学研究室紀要. 19号, 2000.3, p.1-4
抄録: On 27 October 1999,The Tokyo High Court decided that local board of education can reject people's any appeal of access to his/her children's cumulative record of education. So the complainants appealed to The Supreme Court. I think the access to cumulative record of education should be allowed. This paper is my opinion which was sent to The Supreme Court by way of the complainants' lawyer, Mr. Osamu WAKUTA in December 1999.
URI: http://hdl.handle.net/2261/1283
ISSN: 13421980
出現カテゴリ:東京大学大学院教育学研究科教育行政学研究室紀要
東京大学大学院教育学研究科教育行政学研究室紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000205553.pdf341.63 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください