UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12840

タイトル: 大船渡市街地に遡上した津波の調査 : 1960年チリおよび1933年三陸津波
その他のタイトル: Field Survey of the Tsunamis Inundating Ofunato City : The 1960 Chile and 1933 Sanriku Tsunamis
著者: 羽鳥, 徳太郎
相田, 勇
小山, 盛雄
日比谷, 紀之
著者(別言語): Hatori, Tokutaro
Aida, Isamu
Koyama, Morio
Hibiya, Toshiyuki
発行日: 1982年7月16日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第57冊第1号, 1982.7.16, pp. 133-150
抄録: Ofunato, located on the southern Sanriku coast in northeastern Japan was hit by the Sanriku tsunamis on June 15, 1896 and March 3, 1933 and by the Chile tsunami on May 24, 1960. In the 1933 Sanriku tsunami, Ofunato was not hit as bad as the neighboring regions. The 1960 Chile tsunami hit the whole Japanese Pacific coast, and Ofunato in particular suffered severe damage. The wave-height of the 1933 Sanriku tsunami decreased toward the head of Ofunato Bay, while that of the 1960 Chile tsunami increased, exciting the seiche period in the bay. At Ofunato and Akazaki, 432 houses were washed away or destroyed and 52 persons were drowned.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12840
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0571008.pdf1.12 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください