UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12855

タイトル: 地震予知の適中率と予知率(第2報)
その他のタイトル: Probabilities in Earthquake Prediction (The Second Paper)
著者: 宇津, 徳治
著者(別言語): Utsu, Tokuji
発行日: 1983年1月17日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第57冊第3号, 1983.1.17, pp. 499-524
抄録: There are 15 different equations, each of which relates four of the following six probabilities defined for an earthquake prediction system based on a single observational element. It is assumed that the occurrence of a precursorlike anomaly in the observational data increases the probability of the occurrence of an earthquake during a time interval of length r which is called "warning period".
URI: http://hdl.handle.net/2261/12855
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0573005.pdf1.36 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください