UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12857

タイトル: 1982年4月26日の浅間山の噴火
その他のタイトル: The 1982 Eruption of Asama Volcano
著者: 下鶴, 大輔
行田, 紀也
鍵山, 恒臣
小山, 悦郎
萩原, 道徳
辻, 浩
著者(別言語): Shimozuru, Daisuke
Gyoda, Noriya
Kagiyama, Tsuneomi
Koyama, Etsuro
Hagiwara, Michinori
Tsuji, Hiroshi
発行日: 1983年1月17日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第57冊第3号, 1983.1.17, pp. 537-559
抄録: The Asama Volcano in central Honshu, Japan, suddenly erupted from the summit crater on 26 April, 1982. Since the last eruptive activity in 1973, the volcano had been apparently inactive in its surface manifestation. The first outbreak took place at 0225 hours followed by four minor eruptions, the last of which occurred at 0548 hours the same day. The staff members on night duty at the volcano museum at the northern foot of Asama were awakened by the rattling of a window facing the volcano. Immediately upon opening the window they heard the detonation and witnessed an incandescent eruption column and a pyroclastic flow gushing from the summit. The sound of the first detonation was not strong and only heard by a limited number of local residents.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12857
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0573007.pdf2.85 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください