UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12862

タイトル: Mapping of an Unusual Crustal Discontinuity by Microearthquake Reflections in the Earthquake Swarm Area near Ashio, Northwestern Part of Tochigi Prefecture, Central Japan
その他のタイトル: 栃木県北西部,足尾周辺の群発地震活動地域での微小地震反射波による地殻内不連続面の検出とその特異性について
著者: Mizoue, Megumi
Nakamura, Isao
Yokota, Takashi
著者(別言語): 溝上, 恵
中村, 功
横田, 崇
発行日: 1986年3月31日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第57冊第4号, 1986.3.31, pp. 653-686
抄録: Microearthquake seismograms recorded by the stations in the earthquake swarm area near Ashio on the westren border of Tochigi Prefecture, Central Japan, frequently have two sharp phases following the direct S-wave. They were identified as near vertical S to P-wave (SxP) and S to S-wave (SxS) reflections from an unusual deep crustal discontinuity. Reflection points calculated on the basis of hypocentral coordinates in combination with the traval time data of the reflections were mapped with contour lines of a lkm interval. The discontinuity was estimated to have a depth of about 14 km beneath Ashio dipping southeastward with considerable local irregularities. The ratio of observed amplitudes of SxP to SxS varies from 0.045 to 0.34 for the incident angle of less than 23°. The theoretical amplitude ratio of the reflections agrees well with the observational results when the S-wave velocity decreases from 3.35 km/sec to 0.00 km/sec across the discontinuity. A horizontal extension of the unusual discontinuity strikes in a NE-SW direction along the general trend of the volcanic front in the area. It is suggested from the analysis that the discontinuity is underlain by a material of very low rigidity and the existence of an extensive magma body may be a plausible explanation of the reflections.
北関東,栃木県北西部の足尾地域では浅発性の群発地震活動がみられる.この地域の微小地震の分布および地殻構造を調べるために高感度短周期地震計による4点のテレメータ方式の観測網を設置した.その観測データの解析結果を要約すると以下のようである.i)足尾地域の鄙発地震活動にともなう微小地震の空間分布は震央の集中する数ケ所の部分からなる微細構造をもつ.とくに注目すべきことは足尾山地にみられる活断層(内ノ籠断層)にそう顕著な微小地震活動が存在することである.この断層にそう微小地震についてP波初動の重ね合せによるメカニズム解を求めると走向N28°E,節面の傾斜角が約35°の逆断層の存在が推定される.震源の深さは8.5kmよりも浅い.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12862
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0574003.pdf1.87 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください