UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12869

タイトル: 4. The Coordinate Transformation of the Japan Geodetic Reference System to the Japan Hydrographic Department Geoid
その他のタイトル: 4. 水路部ジオイドに基づく日本測地基準系の変換
著者: Yatabe, Manabu
著者(別言語): 矢田部, 学
発行日: 1983年7月28日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第58冊第1号, 1983.7.28, pp. 135-161
抄録: The geodetic reference system of Japan based on a Bessel ellipsoid does not fit well the geoid in and around Japan, so that the astrogeodetic deflections of the vertical mostly point to the northwest. This unsuitability is caused by the following facts: (a) The geoidal slope around the Tokyo geodetic datum station is steeper than those in other areas. (b) The astrogeodetic deflection of the vertical is taken as zero at the Tokyo geodetic datum station. During the period from 1947 to 1977, the astrogeodetic deflections of the vertical were newly observed at 324 triangulation points by the Geographical Survey Institute. Meanwhile, the geoidal heights in and around Japan have been obtained by the Hydrographic Department of Japan by combining land- and sea-surface gravity data with the satellite data GEM 10B. The present study is devoted to making the coordinate transformation of the geodetic reference system of Japan bestfitting the Japan Hydrographic Department geoid (Ganeko's geoid). The result shows that the correction for the deflection of the vertical at the Tokyo geodetic datum station amounts to ξ0=-11".98 (towards the north) and η0=+10".24 (towards the east). This values are well consistent with the results previously obtained by many geodesists.
日本ではベッセル楕円体を準拠楕円体として採用し,それを東京測地原点で垂直線偏差0の仮定のもとに設置している.この日本測地基準系は,よく知られているように,地球重心系に対して位置的にずれている.このため,日本測地基準系に基づく位置と地球重心系に基づく位置は一致しない.これでは,グロバールな測地学の問題を扱うために不便である.ベッセル楕円体が実際の地球の重力場に適合するように日本測地基準系を変換することが望ましい.本論文では,水路部により得られた最新のジオイドのデータを地球重力場のモデルとして採用し,それに適合するように日本測地基準系を変換することを行なった.その結果はベッセル楕円体の中心は地球の重心に対し,ΔX=-149.57m,ΔY=+541.82m,ΔZ=706.07mずれていることを示している.これは日本測地基準系での位置は地球重心系での位置に対して南東に約900mずれていることに相当する.そして,東京測地原点で垂直線偏差ξ0=-11".98,η0=+10".24を与えれば,ベッセル楕円体を地球重心系によく適合できるという結果になった.これは,いままでの多くの研究者が,さまざまな方法で得た結果によく一致する.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12869
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0581004.pdf1.58 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください