UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12878

タイトル: 13. An Experimental Study on Mechanism of Implosion Earthquakes during the 1973 Successive Eruptive Activity of Asama Volcano
その他のタイトル: 13. 1973年浅間火山に発生した断続微噴火に伴うImplosion地震に関する実験について
著者: Imai, Hiroshi
著者(別言語): 今井, 博
発行日: 1983年10月22日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第58冊第2号, 1983.10.22, pp. 385-400
抄録: In the course of eruptive activity of Asama Volcano in 1973, successive eruptions occurred during the period 16 to 18 February. Implosion earthquakes associated with the eruptive activity were examined by the present author, who presented a model for mechanism of the successive eruptions. A liquid film of magma in the model plays an important role in a discussion on energetics of dynamical process inside a volcanic conduit to interpret earthquake magnitudes of the implosion earthquakes. However, there is little information available for the film thickness of viscous liquid in the model. From this point of view, one of the most basic experiments was carried out to learn this information and to examine the validity of the model. In the present experiment, several kinds of silicon oils, whose viscosities are 50, 100, 300, 500 and 1000cs, were used on the basis of a parameter Nf which supports the application of the experimental results to the volcanological model. The film thickness was assumed to be one tenth of inner diameter of a volcanic conduit in the model. In the experimental results, the ratio of the film thickness of viscous liquid to the inner radius of pipe was found to range from 0.2 to 0.35 (or 0.1 to 0.18 to the inner diameter). Therefore, the model would be further confirmed from the present experiment. Moreover, a few basic data relative to bubble rising in viscous liquids are also discussed.
1973年浅間火山噴火活動の際,2月16日から同月16日まで断続微噴火が発生した.個々の噴火に対応してImplosion地震と呼ばれる,浅間観測史上初めての噴火に伴う地震が筆者によって報告され,さらに気液二相流の概念を導入した断続微噴火の発生モデルが提出された.本報文では,そのモデルの妥当性を調べる目的で粘性流体を用いた基礎実験を行ない,その結果を報告した.用いた粘性流体はシリコン・オイルで,その粘性は50,100,300,500,1000センチストークスの5種類である.Wallisによって提唱されたNfというパラメータに基づいて,用いた粘性流体の粘性が実際の火山火道内で起こる現象に対して適当であることが確められ,この実験結果の断続微噴火の発生モデルに対する有意性が保証された.その発生モデルに於て,Implosion地震のマグニチュードを説明するためのエネルギー論では火道壁とその中に存在する気泡との間に狭まれたマグマ液膜の厚さが重要であり,工学実験の結果に基づいて火道直径の1割と仮定された.本実験によれば,その液膜の厚さは火道半径の02~0.35(火道直径の0.1~0.18)倍になることが判明した.従って,断続微噴火の発生モデルにおけるマグマ液膜に対する仮定の妥当性が保証された.他に,基礎的データとして気泡の静水圧減少に伴う膨張速度及び気泡の上昇速度等が投出された.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12878
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0582003.pdf862.57 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください