UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12879

タイトル: 14. A Short Comment on the 1982 Explosive Eruption of Asama Volcano, Central Honshu, Japan
その他のタイトル: 14. 1982年4月26日浅間火山に発生した爆発地震についての簡単な所見
著者: Imai, Hiroshi
著者(別言語): 今井, 博
発行日: 1983年10月22日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第58冊第2号, 1983.10.22, pp. 401-409
抄録: Asama Volcano erupted on April 26, 1982, after a nine year dormancy. A study is carried out for the three component seismograms of the explosion earthquake associated with the first break which took place at 0225 hours. The seismograms which are corrected for mechanical distortions of recording are available for the spectral analyses by means of Maximum Entropy Method and the results of the analyses are compared with those of the 1973 explosion earthquakes. As to the spectral analyses on the initial 5-sec part of the 1982 explosion earthquake, it is concluded that a longer period predominates in the U-D and N-S components compared to those of 1973 in spite of its small seismic magnitude. The results may reflect the difference of mechanisms between the 1973 and 1982 explosive eruptions. Taking into account the results of field observations carried out by SHIMOZURU et al. or ARAMAKI and HAYAKAWA, no molten magma occurred in the 1982 eruption. As to the spectral structure based on the running power spectra by using Maximum Entropy Method, both the 1973 and 1982 explosion earthquakes roughly have similar spectral structure. This is probably because the spectral structure only reflects the geological structure in the volcanic body.
1973年浅間火山噴火活動に伴う爆発地震の中で地震エネルギーが10^<15>エルグ以上の爆発地震は,その初動部分5秒間の卓越周期が水平動半径方向成分についてその地震マグニチュードと顕著な相関があり,水平動接線方向成分についてもやや相関が認められた一方,上下動成分については顕著な相関は認められなかった.本報文では,1982年4月26日午前2時25分同火山に発生した爆発地震を解析し上述の結果と比較・検討を行なった.1982年の爆発地震はその地震マグニチュードが小さいにも拘らず,上下動及び水平動接線方向成分に関して1973年の結果と比較すると初動部分に於て著しく長周期成分が卓越していることが判明した.一方,ランニング・スペクトルについて両者を比較するならば,殆ど同様なスペクトル変化のパターンを示しており,両者に何ら相違は認められなかった.以上の事を説明する1つの考えとしては,前述の結果はその発生機巧の違いを反映しており,後述の結果は地震波の伝播する地質学的構造の依存性を示唆しているという考えである.初動都分の卓越周期の研究によれば,1982年の噴火はその発生機巧が1973年の一連の爆発的噴火とは異なり,また野外調査の結果からもマグマの直接的関与が期待できない事を考慮すると,1982年の噴火は水蒸気爆発の類であった可能性がある,さらに詳細な地震学的・岩石学的研究が望まれる.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12879
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0582004.pdf751.55 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください