UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12880

タイトル: 15. 南関東及び伊豆半島北部におけるレイリー波の観測
その他のタイトル: 15. Observation of Rayleigh Waves across the South Kanto and North Izu Regions
著者: 小川, 卓司
著者(別言語): Ogawa, Takashi
発行日: 1983年10月22日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第58冊第2号, 1983.10.22, pp. 411-422
抄録: レイリー波の位相速度の分散の様子から地下構造を推定する試みは数多くなされて来たが,数十kmのスケールで観測点を配置し,自然地震の表面波を観測して地下構造を推定する試みは,従来あまりなされて来なかった.本研究では,東京大学地震研究所の地殻活動総合観測線と同研究所油壺地殻変動観測所の計9観測点にPELS73型小型長周期地震計上下動成分を設置し,南関東及び伊豆半島北部においてレイリー波を観測するためのシステムと,位相速度を求めるためのソフトウェアを作った.1980年夏に観測を開始してから1982年6月まで得られた地震の記録のうち10個の地震の記録を解析して得られた位相速度の値にAKI(1961)のモデル6EJを適用すると,同地域の厚さは35~45kmと推定される.
Extensive research has been carried out on crustal structures by means of surface wave phase velosity analysis. For example, PRESS (1956) studied the Rayleigh wave phase velocities and clarified crustal structure of a regional scale in south California. However, if we needed to know detailed crustal structure having considerable lateral inhomogeneity, we would need to use a station array of sufficiently high density, with station separations of some ten kilometers. The observation system, which was recently constructed by this Institute, seems to answer this purpose. This observation system is simply a chain of 9 stations with approximate separations of 30 kilometers and extends from the southern Kanto region to the northern part of Izu peninzula, Japan. Each station in this chain is equipped with the PELS Type 73 broad-band seismometer of the vertical component, signals from which are telemetered to the data acquisition system in Tokyo for analysis. This paper deals with ten sets of teleseismic records from this system and analyzes their spectral structures using the Fourier Transform method. Phase velocities of the Rayleigh wave components in these events are compared with those of the AKI's 6EJ model, so that we may derive from the records the crustal structure along the observation line. It is inferred that the average crustal thickness in the present area is 35-45 kilometers. This value is consistant with the results of Am (1961), but it seems to be a little larger than the results of HOTTA et al. (1966) derived from explosion seismological data.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12880
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0582005.pdf780.24 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください