UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12882

タイトル: 17. 1982年12月28日三宅島近海地震の津波
その他のタイトル: 17. On the Tsunami Generated by the Miyakejima-Kinkai Earthquake on December 28, 1982
著者: 羽鳥, 徳太郎
著者(別言語): Hatori, Tokutaro
発行日: 1983年10月22日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第58冊第2号, 1983.10.22, pp. 433-437
抄録: 1982年12月28日三宅島近海に発生した群発地震で,八丈島八重根検潮所において全振幅40cmの小津波が観測された.しかし,それ以外の伊豆諸島の検潮記録では風浪による顕著な副振動と重なり,津波は検知できなかった.
A small tsunami was generated by the Miyakejima-Kinkai earthquake (M=6.8) near Mikura Island, Izu Islands, 200km south of Tokyo. At Yaene, Hachijo Island, the initial disturbance of the present tsunami was observed with an upward motion of 20cm with a wave period of 8min and the maximum double amplitude was 40cm. On the records at other tidal stations, the tsunami is not evident because of the swell with amplitude of 20-30cm. Tsunami magnitude (Imamura-Iida scale) may be m=0.5.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12882
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0582007.pdf257.42 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください