UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12892

タイトル: 27. 和歌山県,湯浅・広川両町に遡上した津波の数値実験
その他のタイトル: 27. Numerical Simulation of Tsunami Inundation in Yuasa and Hirokawa Towns, Wakayama Prefecture in Southwestern Japan
著者: 相田, 勇
羽鳥, 徳太郎
著者(別言語): Aida, Isamu
Hatori, Tokutaro
発行日: 1984年1月14日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第58冊第3号, 1984.1.14, pp. 667-681
抄録: 過去において和歌山県湯浅湾奥の湯浅町および広川町に遡上した津波を,数値実験によって検討した.方法は摩擦項を含む浅海波方程式を,leap-frog法で差分計算するものである。まず1946年南海津波について,既に求められている波源の断層モデルを用いてシミュレーションを行った.得られた湯浅町湯浅・広川町広両地域の浸水高の分布は,浸水痕跡や住民の証言から測量した実際の津波の高さ分布とよく一致している.1854年安政南海津波のシミュレーションでは,波源断層モデルのずれの量を15%増加した場合,古記録から推定される浸水状況とよく調和する.1944年東南海津波の尾鷲,1960年チリ津波の大船渡と今回の場合を合わせて,測量された浸水高と,シミュレーションで得られたその地点の浸水高との差を全測量点にわたって求め,その標準偏差を計算すると,測量値の平均値との比で10.2%になる.また測量値およびシミュレーションの値のちらばりは,各ケースによって異っているが,一般にシミュレーションの値の方がちらばりが少く,平滑化された値が得られていることがわかる.
Simulation of tsunami inundation has been carried out numerically by the finite difference method (leap-frog method) on the basis of shallow water equation for the 1946 and 1854 tsunamis in the vicinity of Yuasa Bay, Wakayama Prefecture. The tsunami source models by AIDA (1981) are available for these tsunamis. The effective friction coefficient is assumed to be 1.0 for the most crowded housing areas and 0.2 for other urban areas. For the 1946 Nankai tsunami, the distribution of simulated inundation heights at Yuasa and Hiro in the innermost part of Yuasa Bay is in good agreement with the actual heights obtained by a field survey of traces of inundated water or the evidences pointed out by the residents. For the 1854 Ansei-Nankai tsunami, a 15% larger slip of fault than that of the published model was required to fit the simulated results to the inundation heights estimated from old documents. For the 1946 tsunami, the standard deviation of differnces between the surveyed and the simulated inundation heights are calculated in the 4 separated areas. They are 8.2 to 13.3% of the average value of surveyed heights in each area. Averaging the results of three simulations: the 1944 Tonankai tsunami in Owase City, the 1960 Chile tsunami in Ofunato City and the present one, it is found that the relative standard error of the simulated inundation heights is about 10% with respect to the average value of surveyed data.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12892
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0583006.pdf908.65 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください