UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12899

タイトル: 34. On the Cross-correlational Determination of Phase Velocity
その他のタイトル: 34. 位相速度の相互相関による決定について
著者: Ogawa, Takashi
Kasahara, Keichi
著者(別言語): 小川, 卓司
笠原, 慶一
発行日: 1984年3月31日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第58冊第4号, 1984.3.31, pp. 749-762
抄録: The cross-correlation method employs a pair of seismograms at two adjacent stations and determines phase velocity of dispersive waves via a cross-correlogram of the two records. Its principle is already known, but it has been seldom used in seismology. We have re-examined this method a little more in detail. Sets of experimental signals have been used to test the technique. Tests using synthesized seismograms have proven the usefulness of this method if appropriate corrections are taken into account. However, as for the actual seismograms recorded at our array stations, the calculated data tend to scatter considerably as the period increases or decreases. With respect to accuracy, our tests suggested no superiority of this method over the conventional phase comparison method. This seems to be inconsistent with the conclusions of former authors(DZIEWONSKI et al., 1968 ; LANDISMAN et al., 1969).
接する2観測点の地震の記録の相互相関を用いて波動の位相速度を求める方法の可能性については,二,三の指摘があるが,その利用例は少ない.本報ではこの方法を若干の考察とテストを加えて再評価した.いくつかの波形を用いてテストしたが,合成波を用いた場合は,データの両端を0にするという補正を加えて満足な結果を得る事ができた.しかし,地震研究所の地殻活動総合観測線(南関東)の地震計の記録を用いたテストでは,長周期及び短周期の帯域でばらつきが見られた.精度に関しては,位相速度を求める際通常用いられている,2つの地震記象のフーリエ変換の位相角の差を取る方法に比べて,大きな差は無かった.この事は,DZIEWONSKI et al.(1968)やLANDISMAN et al.(1969)の結果とは一致せず,さらに研究が必要であると思われる.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12899
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0584001.pdf715.31 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください