UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12903

タイトル: 38. 1983年2月27日に茨城県南部に発生した地震(M6.0)の被害及び震度の分布
その他のタイトル: 38. Damage and Seismic Intensity Distribution of the Southern Ibaraki, Central Japan, Earthquake of February 27, 1983
著者: 茅野, 一郎
著者(別言語): Kayano, Ichiro
発行日: 1984年3月31日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第58冊第4号, 1984.3.31, pp. 831-878
抄録: 1983年2月27日21時14分頃,茨城県南部に発生した地震(M6.0,震源の深さ72km)について通信調査を実施し,また市区町村役場に依頼して被害資料を収集し,被害状況と震度の分布を調べた.震央付近で,壁の亀裂,瓦の落下等の家屋の被害,道路の亀裂,ガス管・水道管の破損等が所々に発生した.やや離れたところでも,東京都東部,千葉県西部の東京湾北部に沿う地域などに,窓ガラスの破損等,かなりの数の軽い被害が発生した.震度は震央付近で8(12階級震度階による)に達した.
Slight damage were caused over a rather wide area following an earthquake of magnitude 6.0, depth 72km, on February 27, 1983, in the southern part of Ibaraki Prefecture, central Honshu, Japan. Questionnaire survey was carried out in order to search for damages and other phenomena following the earthquake, and to assess the seismic intensity. In addition, inquiry was made to local government offices concerning earthquake damage. Fall of roof tiles, crack of water and gas pipes, and especially cracks of window panes happened here and there within about fifty kilometers of the epicenter. In the epicentral region, seismic intensity reached 8 on MM scale.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12903
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0584005.pdf2.23 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください