UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
119 教育学研究科・教育学部 >
10 総合教育科学専攻 >
東京大学大学院教育学研究科教育行政学研究室紀要 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/1291

タイトル: 中国教育行政史研究 (2) : 唐初国子監独立の背景・理念とその影響
その他のタイトル: History of Educational Administration of China (2) : Independence of Educational Administration on GUOZIJIAN(国子監) in the early period of TANG(唐) Dynasty
著者: 田中, 俊行
著者(別言語): Tanaka, Toshiyuki
発行日: 2000年3月31日
出版者: 東京大学大学院教育学研究科教育行政学研究室
掲載誌情報: 東京大学大学院教育学研究科教育行政学研究室紀要. 19号, 2000.3, p.117-129
抄録: GUOZIJIAN(国子監) was the educational ministry in ancient China. It was first established in SUI(隋) and TANG(唐) dynasty, and in the early period TANG dynasty GUOZUJIAN was independent from GUOZUXUE(国子学) and TAICHANGSI(太常寺). This study focuses on the GUOZUJIAN's independence from these organizations. Historically considered, it was established for the nationwide educational policy and for the powerful management of the universities.
URI: http://hdl.handle.net/2261/1291
ISSN: 13421980
出現カテゴリ:東京大学大学院教育学研究科教育行政学研究室紀要
東京大学大学院教育学研究科教育行政学研究室紀要

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000205561.pdf1.21 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください