UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12935

タイトル: 間瀬・弥彦地殻変動観測所とその周辺における観測(1952~1983年) : 観測データ種目と永年傾斜変化
その他のタイトル: Crustal Movement Observation Data Items of the Maze and Yahiko Observatories for the Period from 1952 to 1983
著者: 若杉, 忠雄
柳沢, 道夫
著者(別言語): Wakasugi, Tadao
Yanagisawa, Michio
発行日: 1985年9月5日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第60冊第1号, 1985.9.5, pp. 105-134
抄録: 間瀬地殻変動観測所における観測は1952年10月より開始され1971年3月まで行なわれた.弥彦地殻変動観測所においては1967年5月より観測が開始され現在も続けられている.これらの期間にわたって,両観測所とも多くの観測データが蓄積されている.それらの全容をなるべく詳細に明らかにするとともに,必要ならばこれらのデータを将来多くの研究者に提供できるように,この際データの調査と整理を行なった.これらのデータのうち,特に水管傾斜計による永年傾斜変動について,その詳細を報告する.間瀬観測所における定常観測は水管傾斜計(長さ,10m,2成分),水晶管伸縮計(長さ11m,3成分)および石本式水平振子傾斜計によって行なわれた.一方,弥彦観測所における定常観測は水管傾斜計(長さ,30m,2成分),水晶管伸縮計(長さ,30m,3成分)およびフロート型水管傾斜計(1979年までは石本式水平振子傾斜計)により行なわれている.このほかに,両観測所およびその周辺においては,上記以外に多岐にわたる観測が行なわれている.永年傾斜変動については水準測量データとの比較を行なった.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12935
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0601006.pdf2.36 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください