UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12936

タイトル: 女川・雄勝湾口における水位観測
その他のタイトル: Observations of Water Surface Level in the Vicinity of the Mouths of Onagawa and Okachi Bays
著者: 相田, 勇
小山, 盛雄
橋本, 道明
著者(別言語): Aida, Isamu
Koyama, Morio
Hashimoto, Michiaki
発行日: 1985年11月8日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第60冊第2号, 1985.11.8, pp. 135-146
抄録: 女川・雄勝両湾それぞれの湾奥と湾口に,ディジタル潮位計を設置して,1984年11月1日から6日までの臨時水位観測を行った.江の島津波観測所の定常観測記録も含めて,5点のデータのスペクトル解析およびフィルター記録解析を行った.両湾の基本振動周期の近傍で,湾奥水位がシーソーのように相互に増減するとか,水位振幅レベルの増減が相反的であるとかいうような,連成振動を明瞭に示す結果は認められなかった.しかし湾口付近の流速のパワーは,湾軸方向に卓越するが,それと直角方向にも,湾軸方向の4~12%程度存在し,これが両湾の相互振動に寄与しているものと考えられる.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12936
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0602001.pdf700.43 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください