UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12938

タイトル: 造成地盤における地震波の挙動
その他のタイトル: Behavior of Seismic Waves in the Newly Developed Cut-down and Fill-in Grounds
著者: 嶋, 悦三
柳沢, 馬住
纐纈, 一起
座間, 信作
星野, 務
著者(別言語): Shima, Etsuzo
Yanagisawa, Masumi
Kohketsu, Kazuki
Zama, Shinsaku
Hoshino, Tsutomu
発行日: 1985年11月8日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第60冊第2号, 1985.11.8, pp. 179-197
抄録: 造成地盤は地震に弱いとされている.そこで,東京都多摩ニュ一タウンに実験地をえらび,造成地盤内での地震波の挙動を解明すべく調査を実施した.まず,造成地に3本のボーリングを実施して,PS検層を行ない,地盤の物性を把握した.その結果,造成地盤では地山に対して,同程度かやや遅い程度のS波速度が得られた.Q値については,盛土がやや小さい値を示す様に思われる.地盤調査結果にもとづき,地盤をモデル化し,二次元有限要素法を用いて数値解析を行なったところ,造成地盤内では,水平方向に伝わる二次的な波が発生し,地山に比べて振動継続時間が長くなるという知見が得られ,これは同地点で行なつている地表観測結果と調和的であることが解った.また有限要素解をインパルス応答とみなし,合積により,造成地盤上での波形を合成し観測記録と比較した結果,かなりな程度の一致を見た.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12938
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0602003.pdf1.1 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください