UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12940

タイトル: 1984年長野県西部地震の断層モデル : 三角点測量データの解析
その他のタイトル: A Fault Model of the 1984 Western Nagano Prefecture Earthquake Based on the Distance Change of Trilateration Points
著者: 山科, 健一郎
多田, 堯
著者(別言語): Yamashina, Ken'ichiro
Tada, Takashi
発行日: 1985年11月8日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第60冊第2号, 1985.11.8, pp. 221-230
抄録: 三角点網の辺長距離の変化から,1984年長野県西部地震(M6.8)の断層モデルを作成した.用いたのは8点からなる三角点網の観測データで,ここでは1978年と1984年(11月)に改測か行なわれている.四角い形の断層上で一様なすべりが生じたものと仮定すれば,断層の走向N70°E,傾き74°N,スリップ角24°(正断層成分を含む右横ずれ),長さ14km,幅2 km,上端の深さ0.5km,くいちがい1.6mという値がそれぞれ得られた.辺長歪みの変化から求めた断層モデルも,長さが少し短い(11km)のを除けば,ほぼ同様の結果を与える.これらは地震観測その他のデータとも概ね調和する.ただし余震域の広がりと比べ,断層の幅は短かすぎる.これは,くいちがいが浅い所に集中していることを示すのかもれない.今回の解析に用いた三角点網は,震央域の一部をおおっているにすぎず,観測点網のみかけの回転や平行移動を無視できない.ここでは辺長距離や辺長歪みのデータから断層パラメータを解析したが,観測点網の回転や平行移動とは無関係に議論できるという点で,有意義な方法である.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12940
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0602005.pdf677.74 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください