UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12952

タイトル: Qp Structure of Sediments in the Kanto Plain
その他のタイトル: 関東平野における堆積層のQP構造
著者: 纐纈, 一起
嶋, 悦三
著者(別言語): Kohketsu, Kazuki
Shima, Etsuzo
発行日: 1986年3月31日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第60冊第4号, 1986.3.31, pp. 495-505
抄録: The QP structure was derived for the sediments and the uppermost crust in the Kanto plain. Synthetic explosion seismograms were computed for causally attenuative crustal models with the elastic wave velocities determined by refraction experiments, and they were compared with observed seismograms. After some forward and inverse modelings we obtained an optimal QP structure, in which sedimentary layers have very low Qp-values of 35 and 100, as against 400 for the uppermost crust.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12952
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0604001.pdf779.8 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください