UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12969

タイトル: 日本海津波における大陸からの反射波
その他のタイトル: Reflection Waves from the Continental Coast for the 1983 Japan Sea Tsunami
著者: 羽鳥, 徳太郎
著者(別言語): Hadori, Tokutaro
発行日: 1986年12月10日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第61冊第2号, 1986.12.10, pp. 329-338
抄録: ソ連沿海州・北朝鮮および韓国沿岸からの津波伝播図を作図し,1983年日本海中部地震津波において,波源から射出された津波が大陸から反射して日本沿岸に到達する時間を調べた.そして各地で観測された検潮記録の波形との対応を検証した.その結果,発震時から2~5時間の間に,各地で顕著な振幅が発現した時刻が,大陸からの反射波の到達時間と±10分以内で合致しており,積丹半島・能登半島周辺および山陰地方に,波向線が集まることが認められた.将来,日本海に発生する津波の予報にあたっては,大陸からの反射波の動向も注目する必要がある.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12969
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0612007.pdf674.87 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください