UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12972

タイトル: 15 Degree Shadow Zone of the P-wave Travel-times in the Western Northwest Pacific Basin Observed by an Ocean-bottom Seismometer Long Range Array
その他のタイトル: 北西太平洋海盆西部におけるP波走時の15°以遠の影領域 : 海底地震計長距離群列観測
著者: 南雲, 昭三郎
大内, 徹
笠原, 順三
是澤, 定之
著者(別言語): Nagumo, Shozaburo
Ouchi, Toru
Kasahara, Junzo
Koresawa, Sadayuki
発行日: 1987年2月10日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第61冊第3号, 1987.2.10, pp. 415-427
抄録: A long range ocean-bottom seismometer array observation in the western Northwest Pacific Basin revealed a P-wave shadow zone beyond the epicentral distance of 15°. The apparent surface velocity of the P-wave in the distance ranges from 12° to 15° is about 8.6 km/sec, which seems to be a continuation of the 8.4 km/sec (apparent surface velocity) travel-times in the range from 6° to 12°. The off-set of travel-times at the shadow zone is about 1.7-2.0 seconds. The low-velocity zone which corresponds to this shadow zone could be a major transition from lithosphere to asthenosphere. A review of the regional differences of shadow zone gives such an estimate that the depth of the transition is deep beneath the western Northwest Pacific Basin, roughly in a depth range of 100-200 km. The detailed structural analysis will be reported in the next paper.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12972
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0613002.pdf1.05 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください