UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12974

タイトル: Survey Report on the Tsunami of the Michoacan, Mexico Earthquake of September 19, 1985
その他のタイトル: 1985年9月19日メキシコ地震津波の現場調査
著者: Abe, Katsuyuki
Hakuno, Motohiko
Takeuchi, Mikio
Katada, Toshiyuki
著者(別言語): 阿部, 勝征
伯野, 元彦
竹内, 幹雄
片田, 敏行
発行日: 1987年2月10日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第61冊第3号, 1987.2.10, pp. 475-481
抄録: The tsunami was caused by the Michoacan, Mexico earthquake (M. 8.1) of September 19, 1985. According to the site survey, sea water ran up to an elevation of 2 meters or more above sea level in the coastal areas of Mexico from Petatlan to Playa Azul. The tsunami was as high as 4 meters at Barra del Potosi and Playa Linda, where minor tsunami damages occurred; some thatched huts on the beaches were destroyed and pieces of furniture were swept out to sea. The tsunami magnitude Mt is estimated to be 7.8 from the instrumental data recorded at Hilo.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12974
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0613004.pdf1.2 MBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください