UTokyo Repository 東京大学
 

UTokyo Repository >
131 地震研究所 >
東京大学地震研究所彙報 >

このページ(論文)をリンクする場合は次のURLを使用してください: http://hdl.handle.net/2261/12977

タイトル: 断層生成による応力場の変化 : 特に端での応力増加に関連して
その他のタイトル: Stress Field around a Fault Area : with Special Regard to the Increase of Stress near Its Edge
著者: 小高, 俊一
著者(別言語): Odaka, Toshikazu
発行日: 1987年2月10日
出版者: 東京大学地震研究所
掲載誌情報: 東京大学地震研究所彙報. 第61冊第3号, 1987.2.10, pp. 517-528
抄録: 断層の生成によって生じる断層末端部周辺での応力増加の緩和に関連して,二次元有限要素法による数値計算を行った.断層の生成による変形は,有限要素ネットの外側境界で与えた強制変位によって,断層を囲む細長い領域(震源域と呼ぶ)にずり変形(体積変化なし)を生じさせることによってシミュレイトした.そのために震源域におけるP波,S波速度は周囲のそれより小さく,また特別の関係を満たすように与えた.震源域端での大きな応力増加を緩和する変形として,震源域における変位分布の勾配が非常に滑らかになるような変形,主震源域の一端にそれに直交して副震源域が存在するような複合震源による変形,の2つを取り上げて応力分布を求めた.その結果,両変形とも端での応力増加を抑制するのに有効であり得ることがわかった.その他,種々の不均質媒質のもとでの数値実験の結果,応力分布の増減への媒質の不均質性の影響は一般的に小さく,とくに応力増加の緩和のためには,それは重要な要素ではなさそうであることがわかった.
URI: http://hdl.handle.net/2261/12977
ISSN: 00408972
出現カテゴリ:東京大学地震研究所彙報
東京大学地震研究所彙報

この論文のファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ji0613007.pdf742.36 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください